電話に出る時やちょっと改まった席で発言する時、普段より低めの声が出ている。意識してそうしているわけではなく、たぶん緊張して低い声が出ているのだと思う。

 先日、接客するうえでの印象についての情報をテレビが流していた。それによると、電話に出るときは高めの明るいトーンが良いそうだ。電話の相手に良い印象を与えるかららしい。それからは意識して電話に、特に仕事中のそれにはいつもより高めの明るい声で出ている。


 韓国ドラマを観ていて不満に思うのが、吹き替え。特にNHK。有名な上手な声優さんを起用しているのだが、どうも吹き替えの演出が上手でないように思う。『トンイ』でも今やってる『馬医』でも。そんなに焦って会話していないだろう場面で声を張り上げていたり、感情移入しすぎていたり。好きな俳優の本当の声と声優の声がかけ離れていると、なんだか寂しい。

 

 最近、『馬医』にでているイ・サンウが気になっている。低めでちょっとこもったような声。とっても落ち着いていて好きだ。でも、吹き替えの人の声がイメージと違う。スカパーやレンタルでドラマを観ていると、吹き替えが少なく、本人の本当の声になじんでしまうので、吹き替えには違和感を覚えてしまう。贅沢になったのかな?


 ソンスやオクセジャでユチョンが好きになって以来、JYJや昔の東方神記の曲を聴く機会が増えている。以前はメンバーに興味がまったくなかったので(もちろんユチョンも)誰がどのパートで歌っているかなんて、全然わからなかった。

 しか~~~~~し!!今はわかるのですよ。ユチョンはしっかりとね。ジェジュンとジュンスは大体。不思議なものだ。声を聞き分けようと意識するとわかってくるようになる。

 娘に好きなボーカルグループの声が聞き分けられるかと尋ねたら、「最初は難しいけど、だんだんわかるよ。」やっぱりね。意識することが大切なんだね。

 今はユチョンのちょっとかすれたような低めの声が気に入っている。5人だった東方神記の歌を聴きながら「ここはユチョン♡♡」とニヤついている。
[PR]
# by m_n_k_5604 | 2013-09-27 20:38 | Comments(4)

ホン秘書

BSジャパンで放送中の「屋根部屋のプリンス」をまた観てる。夕方の家事の忙しい時間なので録画してね(^^;;

で。ホン秘書( ̄O ̄;) もう!大っ嫌い!!みていてすっごいイライラする。結末はもちろん知っているし、そういう役回りなんだってわかっているんだけれど、もう〜〜〜い!や!だ!!

大人気ないよ!私…>_<… 他の役者だったらこんな風に思っただろうか?「トンイ」にも出演していたチョン・ユミ。味方になる女官で良い人だった。そのイメージでみるから、抵抗あるのかしら?とすれば、役者の力ってことですよ。上手いんですよ。

やられちまった!!のかもしれない。素敵なバイプレーヤーを発見したかも。

なんて言ってるけど、「そんなの当然」とファンに怒られそう。
[PR]
# by m_n_k_5604 | 2013-09-19 08:02 | Comments(9)

二次小説

 娘が中学生の頃、アニメやゲームの二次小説を一所懸命に漁っていた。ゲームの攻略について検索したり、アニメ好きの仲間を探したりしているうちに、たどり着いたのだと思う。パソコンは家族共有だったので、何をやっているのか大体わかっていたので、「二次小説」というジャンルがあることをその時に知った。

 「トキメキ☆成均館スキャンダル」が好きで、それについて検索していくうちに原作本があることが分かり、購入して読んだ。続きも買って4冊を続けて5回読んだ。ドラマとちょっと違う内容に心魅かれたのだ。特に科挙に合格して、曲がりなりにも政治に関与し王の期待や政治の陰謀を乗り切っていく“花の四人衆”の友情、愛情、成長が心に響いた。
 
 だから、続きがどうなるのかとても知りたくて、いろいろ詮索してしまった。韓国で続きがネットで公表され始めたとか、ドラマの配役のこととか情報がちょっとずつ手に入った。


 で、はた!と気がついた。以前娘がはまっていた二次小説があるではないか!!“ソンス”だけではなjく、“宮”“善徳女王”“屋根部屋のプリンス”はては“太陽を抱く月”まで、たくさん!!それはもうどっぷりつかってしまった。楽しいのですよ、いろいろな表現が。「私もそう思う」というのから、「ちょっと悲しすぎ」「そんな結末だなんて(涙)」というのまで。

 夕食後すぐにスマホを手にとって、続きを読んでいると、
「なにやってるのさ(怒)」
と、娘にとがめられ、
「実は……二次小説にはまってて」
と告白した。すると、メールが届いた。

 2ちゃんの二次小説をさらすスレで、おばちゃんが知らないアイドルやアニメの主人公との恋愛二次小説のURLが貼られていた。これはこれで、中高生が妄想する小説(とまではいってないけど)が楽しいのだ。幼さがはっきり現れ、大人の妄想とは一線を画すできで、おばちゃんの私が読むと大笑いしてしまう。

 作文が上手でない子が多いと言われているけれど、読書感想文や日記だけで文章力を磨く必要はないと思う。好きなもので妄想して、それを表現したら、作文上手に書けるよね。

 先生や親は、若いころを思い出し、指導方法変えたらいいんですよ。文学小説だって一種の妄想から始まるんですから。

 二次小説を馬鹿にしたら、あきまへんで!!!
[PR]
# by m_n_k_5604 | 2013-09-16 20:12 | Comments(9)

ユチョン

 トキメキ☆成均館スキャンダルを観たのは、偶然だった。 

 仕事が休みの日に、面白い番組がないかとザッピングしていて見つけたのだ。「堀北真希(この字でよかったかな?)がヒロインでこんな感じのドラマやってたよね」なんて思いながら観ていた。

 たぶん、毎日放送していたんだと思うけど、シフトの都合で飛び飛びに観ることに。回が進む毎に録画しておかなかったことを後悔した。すっかりコロ病に罹ってしまっていたので。

 コロ役の役者さんを調べるつ!い!で!に、他のキャストも調べた。ソンジュン役の人は、ユチョンって言うんだ、なんて思ってた。

 ユチョペンの方の非難を浴びそうな発言だよね。東方神記のメンバーだったなんて事すら、知らなかったんだ。
 
 東方神記が韓国のアイドルグループで、日本でも大人気だし、「太王四神記」の主題歌を歌ってることも、奴隷契約を不服としてグループが分裂したことも知っていた。でも、どんな人がメンバーにいたかっていう肝心なことがわかってなかった。

  

 ソンスを観て行くたびにだんだんユチョンが気になりだした。すると、他にもドラマに出ていることもわかった。ユチョンペンがたくさんいること、いろいろブログがあることもわかった。サーフィンして皆さんの思いや、ユチョンやJYJのことが少しずつわかるうちに、気になって気になって仕方がない。

 いまでも、コロ病は治っていない。ソンジュンよりコロがすき!!でも、ユ・アインよりパク・ユチョン!!これだけははっきり言える。

 キム・ナムギルが一番だけど、次はユチョンかな?
 
[PR]
# by m_n_k_5604 | 2013-09-12 08:11 | Comments(2)

妄想するということ

 本を読むのが好きで、読んだお話しの続きを考えたり、お話の途中の展開を違うように考えてみたり、自分の身

近な人に置き換えてお話しつくりかえてみたりするのが、好きだった。30代の前半くらいまで、お風呂の中や寝床

に入った時にいろいろ考えていた思う。


 そういう妄想をしなくなったのはいつからだったんだろうか?読む本のジャンルが時代小説に傾いていったころだ

から、上の子供が高校生になった頃。PTAの役員や生協の理事をやってた頃。たぶん、余裕が無くなっていたん

だろう。

 最近、韓国ドラマを観るようになって、お話しの余韻やお話しの中の隙間に妄想の余地があることに気がつい

た。日本のドラマは1話完結が多くて、いろいろ考えることができない。内容もピンと来るものがないので、ほとん

ど観ていない。


 二次小説を書かれているブログをサーフィンしていて、

「私も考えてみたい!!」

と欲求が出てきた。「昔は考えていたんだよね」

考えられるだけでも自分に余裕ができてきたのかな。二次小説の書き手に刺激されたのかもしれない。みなさ

ん素敵な文章を書かれているのだ。ドキドキわくわくする妄想をしているのですよ。青春をしている感じがする

のですよ。書き手も読み手も、もちろん私も。

 文字にはなかなかできないかもしれないけれど、シチュエーションを妄想するだけでも楽しいかも。

 その前に、妄想できる種がいっぱいありそうなドラマを本を見つけないといけないかもしれない。
[PR]
# by m_n_k_5604 | 2013-09-08 21:50 | Comments(4)

韓流ドラマの感想を


by アトム