<   2013年 10月 ( 6 )   > この月の画像一覧

大好きな先輩その2

3人姉弟の一番上に産まれた私は、かなり母親に拘束されていたようだ。
小学校に入学した時、学校でお友達と放課後に遊ぶ約束をしてはいけないと母に言われていた。隣の学区域に越境入学していたせいもあるが、弟が私について行きたがるのを牽制するためだった。
 
だから、近所に遊べる友達がいなかったので、家に閉じこもる子供だった。

中学は、通っていた小学校の学区とはまた別の隣の学区だった。新橋演舞場の先、高速道路のすぐわきに校庭がある学校だった。

部活が終わると、山野楽器やヤマハにリードやら楽譜やら買いに銀座で寄り道するませた中学生。それでも、親の影響が強く残っていたので、“聞き分けの良いいい子”成績もそこそこAクラス。


そんな私でも、高校に入学したら、親からはちょっと抜け出せたようだ。だって、地下鉄に25分も乗って通学してたんですもの。

夏のスキー部はただひたすら体力づくり。本当は運動音痴の私はいっつも練習をさぼっていた。本が読むのが好きだし、歌ったり、楽器に障ったりするのが好きだった。それから、考えを同じくする人たちが集まって、なにかをしているのを、渡り歩いて見ていくのが好きだった。って、ただ単に、物珍しいがりやだっただけ。



夏休みが終わった頃、文化祭の準備が始まった。都立高校で予算もすくなかったから、プログラムを手作りしていた。わたしも加わることにした。毎日毎日、集めた原稿をガリ切り(年齢がバレバレですね。)し、印刷して、紙を折り製本した。家に帰るのは10時を過ぎることもしばしば。さすがに親に叱られてしまった。「あんた、糸の切れたタコだね。どこかに飛んでってる」


叱られた翌日、いつも作業をしていた部屋でしょんぼりしていたら、責任者の先輩が、声をかけてくれた。事情を話すと、
「お母さんに話してあげる。」といって、電話をしてくれた。


1年上の2年生だから、親にしてみれば私とたいして違わないはず。それでも、違うんですね。母は納得してくれた。それから、文化祭の最終日まで、親に気兼ねせず準備に没頭できたので、とっても嬉しかった。


それから、2年ほどして、母の妹である叔母が
「若林君、知ってる?」
と、言ってきた。先輩のお母さんと叔母がお友達だったんですって。



上に兄姉がいない私にとって、先輩はとっても優しいお兄さんだった。頼ることができたし、教えてもらえもした。ちょっと憧れる気持ちもあったけど、私は恋愛の対象ではなかったようだ。


高校の先輩である夫と先輩が同級生だったことは、結婚して3年くらいしてから知った。夫にその時の話をしても、
「ふ~~~~ん」て感じ。気にも留めていないようだ。ちょっとはやきもちやいてもらいたいのに。
[PR]
by m_n_k_5604 | 2013-10-27 23:29 | Comments(2)

お姫様だっこ

ニュースで、屋内スキー場がオープンしたと言っていた。秋もそんなに深まっていないのに。

最後にスキーをして、どのくらいたつだろうか。

初めてスキーを履いたのは、中学1年の冬休み。あるスキー教室に小学校5年の弟と二人で参加した。それから、運動音痴で怖がりの私が、スキーにのめりこんだ。高校ではスキー部なんぞに所属して、お嬢様みたいな冬の生活を送った。

たった1度、スキーで怪我をした。中学2年の12月30日。暮れから3が日までの予定だったのだが、両親は大みそかに後からやってくることになっていた。


今でもその時の情景をはっきりと思い出せる。

大町市営スキー場のレストハウスを出て、向かって左側。初心者向けのゲレンデの中腹で、左右の板が絡まるように引っ掛かり、転んだ。見ていた人はポキっと折れたと思ったそうだ。私はひねっただけだと思っていた。でも、だんだん気分が悪くなってくるし、血圧が下がっていってめまいがしてきた。レスキューのボートに乗せられて病院に行った。左足の甲の剥離骨折でギブスを巻かれ、一晩入院。


翌日、迎えに来てくれたのは、大学生のお兄さん。知り合いの息子さんでちょっと憧れていた人。幼い私はなかなか話しかけることもできないでいた人。


ギブスの足はまだ痛みがひどくて、歩けなかった。松葉づえかなぁなんて思っていたら、お兄さんに抱きあげられた。お姫様だっこ!!うれしかったんだけど、すっごく恥ずかしかった。初めてだったから。子供だと思われていたんだろうから、お兄さんはなんとも思ってなかったんでしょうね。



その後、お姫様だっこされたのは、別れた人に1度されただけ。夫もしてくれたことはない。。。。。
[PR]
by m_n_k_5604 | 2013-10-25 23:09 | Comments(6)

ユチョンラブ?

『トキメキ☆成均館スキャンダル』を見て以来、ユチョンが気になっている。

東方神起時代のPVを見たり、JYJの情報集めてみたり。出演したドラマを全部見たいと努力もしている。



でも。。。。。。。。
ほんとにユチョペンなのかな????

役者として悪くないどころか、けっこういけてるよね。何通りかの声を使い分けている感じもするし。。。。ドラマの役によって表情がずいぶん違っておおおお!!!なんて思ったり。


だけど、だけど、、、だけど。。。。。。。。


楽しみに読ませていただいているブロガーの方たちの様に、ユチョンにのめりこめない自分がいる。好きだと思ってはいるのに。。。。










そうだ!!!(京都にはいかない。。。。)


ユチョペンの楽しそうな様子が好きなんだ!!!!


お話し読んだり、そこに書き込まれたコメント読んでみんなのユチョンへの愛を感じたり、そういうことに胸がドキドキしてるんだ!!!


なんか、大人ぶってサメテル???いや、性格だね。子供の頃から、みんなが騒ぐアイドルよりも、3番手ぐらいのちょっと地味な人が好きだったもん。天邪鬼なのかもね。



最近、好きなブロガーさんたちが嫌な思いをしていた。直接私への攻撃では無かったけれど、楽しんで交流していた人たちがショックを受けたこと、とっても悲しい。人それぞれの考え方、感じ方があるのだから、嫌な思いをする人がいても仕方ないと思う。でも、それが楽しい、ホッとする、吐き出すことですっきりする、仲間とつながれると思っている人もたくさんいるのだ。

私もそんな一人。書き込みこそたくさんはしていないが、盛り上がっているコメントを読んで、ワクワクしている。顔がみえないからこそ、恥ずかしがらずにできることがある。それを理解して大人のお付き合いをしていると思っている。


あれ??ユチョンから離れちゃった?

いや、ユチョンが気になるから、ユチョペンの輪!(古!)に入れてもらえてるんだね。

私みたいなババちゃんいても許してもらえるかな?
[PR]
by m_n_k_5604 | 2013-10-25 17:25 | Comments(2)

大好きな先輩

夜のニュースで天気予報をみていた。気象予報士の名前を聞いて大好きな先輩を思い出した。

中学1年の春、吹奏楽部に入部した私。いつものように音楽準備室で仲良し同期4人と一個上の先輩2人と練習していたら、ふらっと卒業したての先輩がやってきた。眼鏡をかけた物静かな高校1年生だった。その時何を話したのか、そのあといくら考えても思い出せない。きっと大したことを話さなかったんだと思うけど、それよりなにより、先輩の雰囲気にすっかり参ってしまったのだ。その3ヶ月ほど前まで小学生だった私には、会ったこともないような感じの大人の男の人だったから。


今考えると、たいして格好良くないんですよね。一番上に産まれた私の周りにはいなかったタイプ。ただそれだけだった。


翌日、練習に行くと棚の上にノートが1冊。名前がなかったので中を見ると日記だった。その大好きな先輩の日記。まずいなぁと思いながらも全部読んでしまった。同級生の女性のことを書いてあった。本当に申し訳ないと思いながら読んで、ますます先輩が好きになっていった。


今と違い、連絡する方法は電話をするか、手紙を書くか、訪ねていくかしかなかったから(もう45年近くも前の話ですよ。)家に訪ねて行くことにした。


気まずそうにノートを受け取った先輩。でも、高校生活のことなどいろいろ話してくれた。その話で、私は中学1年だったが、進路を先輩と同じ高校にすることに決めた。その決断は間違っていなかったと思う。夫とも出会ったし。


先輩は大学卒業後、某大手出版社に就職。編集者になった。『佃島ふたり書房』を書いた出久根達郎の担当をしたらしい。出久根さんのエッセイに彼の名前が出てきている。


もう40年も先輩に会っていない。もう私のことなんか忘れているだろう。私もいつもいつも思い出すわけではないが、ふとした時に、特に純文学というものに触れたときに名前が浮かんでくる。


内藤先輩げんきかな??そろそろ定年ですよね。
[PR]
by m_n_k_5604 | 2013-10-23 08:28 | Comments(3)

また二次小説

ソンスとユチョンで二次小説にはまったはずなのに、いま「宮~Love in Palace」のお話しにどっぷり浸かってしまっている。


ソンスを検索したように、シンチェを検索する。出るわ出るわ。ソンス、ユチョン以上に出てくる。ずいぶん前のドラマのはずだけれど、ファンが多いのね。ジフンssiファンもウネssiファンもたくさんなのかしら。それに、ドラマの最後が先をいろいろ想像できる終わり方だったからなんだろう。私だってこの先、2人の関係はどうなるのだろうかと興味津津ですもの。ファンだったら余計に考えそう。


一人の方のお話しを必死になって読んでます。文章がいいのはもちろんなんだけれど、内容も良いのだ。先の展開がなんとなくわかるのだけれど、単純にそこにたどり着くのではなく、これでもか!これでもか!といろいろなことが起こってくる。そこを丹念にシンチェが2人で乗り越えていくのだか、周りの人物も丹念に描かれていて、その場の画面が頭に映って来るのだ。そこまでやらなくてもいいだろうと、私などは切なくなってくることもある。もちろん胸がドキドキして、家事も仕事も手につかなくなり、夜なかなか寝付けないこともある。

こんなお話しだと、たかが二次小説とは言えず、文学といってもいいよね。そこらへんのつまらない小説よりずっと面白い。

ちょっと書いてみようかな?なんて考えていたけれど、恥ずかしくて、できないかも。。。。。。
文才が欲しいアトムでした。
[PR]
by m_n_k_5604 | 2013-10-22 16:35 | Comments(2)

ユチョンまつり

CSの615フジテレビTWOで“ユチョンまつり”をやっている。

『トキメキ☆成均館スキャンダル』と『ミス・リプリー』『トキメキ☆成均館スキャンダルメイキング』の3本。

気がついたときは、10日も過ぎていて_l ̄l●lll ガクリ・・・

メイキングはリピート放送があるので、探して見たんだけど。ソンスは何回か見ているからあきらめもつく。だけど『ミス・リプリー』はまだ見たことがなかったので、本当にがっかり。やっぱり借りてみるのがいいのか。。。。。

スカパーのチューナーを変えたので、録画がサクサクできるようになったから、観たい物がたまるたまる。。。。なので、借りてくる余裕がなくている。

そもそも、好きなのはコロサヒョンのはずだったのに。。。。いつのまにかユチョン♡♡♡になってるし。。。。。
JYJがとっても気になるし。。。。私どうしちゃったかな???

あ~~~~~~!!もっと見たい!!
やっぱり、仕事辞めようかね。。。。
[PR]
by m_n_k_5604 | 2013-10-22 11:04 | Comments(0)

韓流ドラマの感想を


by アトム